HOME  > 技術情報

技術情報

アナログ映像信号

日本国内ではコンポジット{複合映像}信号NTSC(3.58M)525と称されるものが一般的です。
参考として、海外ではNTSC(4.43).PAL.SECAM等があります。
コンポジット信号の規格としては、映像レベル 1Vp-p75Ω不平衡とされるものが大部分です。

 

ここで1Vp-p75Ω不平衡とは75Ωで信号を取り込んだ時、そのレベルは1Vp-pあります。 という事で、75Ωを取り付ずにレベルを測ると約2Vp-pの信号となります。
またVp-pはボルトピーク・ツーピークの略語であり、その信号の最小〜最大までの値を表します。
参考として、一般家庭のAC電源は100Vとされていますが、正式にはAC100Vrms(rmsとは実効値表示)となりp-pで表すと282.8Vp-pあります。

映像信号を下図に示します。

参考として、
この図は通常のカラーバーをWFMで確認した時の様子ですが、カラーバーには全てこの波形が発生しているのではなく、WFMのラインセレクタにて1ライン〜262/263ラインまでを観察すると状況がよく解ります。

 

次に、1フレーム(2フィールド)の信号を表します。

上図に示した波形において、NTSC方式の一枚の画面がつくられています。
NTSC方式とは、飛び越し走査(インターレース)とよばれていて、1フィールド(奇数フィールド)では画面の半分を受持ち2フィールド(偶数フィールド)では、1フィールドの間を埋めるように(下図参照)受持ち1枚の画面となります。
映像信号の接続
アナログコンポジット映像信号 1Vp-p75Ωを出力(OUT)端子に接続する場合は得に問題は ありませんが、入力(IN)端子に接続する時には注意が必要です。
入力端子にはメーカー、機種等により端子名称が様々です。
上図のようにBNCコネクタ同士がラインで結ばれている時には※75Ωの終端が必要です。
(※最近のモニター等はBNCコネクタが自動終端になっているものもあるので確認が必要)
又、スイッチにて75ΩをON/OFFする場合にも接続を良く確認して切り替えてください。
<参考として、デジタルビデオの場合は上図の様な名称でも75Ω終端をしない場合もあります>
その他アナログ映像信号
・コンポーネント(色差信号) Y.Pb.Pr
・アナログRGB R.G.B.SYNC
・S端子 Y.C

copyright(c)2007 brains-system All Right Reserved