HOME  > 製品情報 >  放送監視システム > USB接続型 MPEG-2TS記録・再生アダプタ 

製品情報

放送監視システム

 

USB接続型 MPEG-2 TS記録・再生アダプタ

TS CaPID RE-1は、DVB-ASI/SPIにて入力されたMPEG-2-TSを、USB2.0に変換してPCに転送する機能と、USB2.0から入力されたMPEG-2-TSを、DVB-ASI/SPIにて出力するアダプタです。

USB 接続型 MPEG-2-TS 記録・再生アダプタ TS CaPID RE-1

設定項目は下記の2つ
ASI→SPI モード ・ SPI→ASIモード切替
SPIからASIへの変換時のパケットモード/バーストモード

■外観

ラックマウントタイプ外観(DVB-SPI / DVB-ASI) ポータブルタイプ外観(DVB-SPI / DVB-ASI)
ポータブルタイプ外観(DVB-SPI / DVB-ASI) ■特長
1. 入出力ビットレート Max. 150Mbps(※1)
2. 入出力同時動作可能(※2)
3. 1台のPCに複数台接続可能(※3)
4. 強力なタイムスタンプ機能
  ・タイムスタンプ付加入力/タイムスタンプ連動出力
  ・バイト単位/ブロック単位(※4)のタイムスタンプ切替可
5. Windows XP/Linux両対応
6. ポータブルタイプとラックマウントタイプを用意
7. ラックマウントタイプは、EIA 1U ハーフラックサイズ
  ・専用ラックマウントテーブルにより、1台単位で交換可能

※1 利用するPCの仕様やソフトウェアの影響を受けます。
※2 入出力同時動作の際には、合計の帯域がPCの仕様やUSB2.0の帯域などにより制限されます。(社内実験では、入力64Mbps、出力64Mbpsが同時に動作することを確認済みです。)
※3 合計の帯域がPCの仕様やUSB2.0の帯域などにより制限されます。
(社内実験では、6台のTS CaPID RE-1をUSB2.0-HUB経由で接続し、32MbpsのTSを同時に6TS入力可能なことを確認済みです。)
※4 バイト単位のタイムスタンプでは、入出力可能帯域幅の上限が2分の1に低下します。また、ブロック単位のタイムスタンプでは、USB2.0のパケット512バイトを1ブロックとして動作します。
※5 USBバスパワー利用時は約500〜700mAの消費電力を必要とします。接続するPCの仕様をご確認の上、ご利用ください。

■付属アプリケーション(※1)

MPEG-2 TS 記録・再生アプリケーション

左から記録画面、再生画面の順です。

MPEG-2 TSを簡単に記録・再生するためのアプリケーションです。
長時間の記録時は自動的に分割保存されます。

MPEG-2 TS リアルタイム変換アプリケーション(TSエラー混入プログラム)

MPEG-2 TSを取得しながら、その一部をリアルタイムに変更して出力するプログラムです。
MPEG-2 TSを扱う機器の耐障害テストや、放送の監視基準作成にご利用いただけます。

※1:付属アプリケーションに関するサポートは有償となりますが、とても簡単にご利用いただくことが可能ですので、是非おためしください。
また、これらのアプリケーションは、複数のパソコンに自由にコピーインストール可能です。

■TSマルチプレーヤ"John"(別売)との連携

複数のサービスがMUXされたTSを直接再生可能なTSプレーヤです。RE-1と組み合わせることで、ソフトウェア再生で設定したIN点/OUT点の範囲をTS出力するなどの操作が可能です

■TSマルチプレーヤ"John"(別売)との連携

・TS監視システム TS CaPID TSW-1000
(エラー発生時のキャプチャ機能に利用。LinuxPC1台あたり4アダプタ接続にて、同時に4TSのキャプチャを実行します。)
・TSエラー混入システム TS CaPID TSE-1000
(タイムスタンプ付き入力と、タイムスタンプ付き出力を同時に実行します。)
・TS多目的監視ユニット TS CaPID WA-5
・TS多点キャプチャシステム TS CaPID TSC-1000
・TS同録システム TS CaPID TSR-1000

■使用方法によって製品を選べます。

たとえばOFDM変調器と組み合わせてRE-1を使用する場合に、以下のパターンがございます。

 

@OFDM変調器にCLOCKを入れない場合(短時間再生用)。
この場合、RE-1は【RE1-A120】【RE1-A110P-SYNC】【RE1-A020P-SYNC】の中から選べます。

AOFDM変調器に基準CLOCKを入力し、RE-1には基準クロックに同期した同期用TSを入力する場合(長時間再生用)。
この場合、RE-1は【RE1-A120P】と【RE1-A110P-SYNC】から選べます。

BOFDM変調器からバイトクロックを受け取り、受け取ったバイトクロックと同期したTSをRE-1からOFDM変調器に入れる場合(長時間再生時)。
この場合、RE-1は【RE1-A110P-SYNC】と【RE1-A020P-SYNC】から選べます

■製品仕様 ポータブルタイプ

製品種別
USB 接続型 MPEG-2-TS 記録・再生アダプタ
製品名
TS CaPID RE-1P
製品型番
RE1-A120P
RE1-A110P -SYNC
RE1-A020P-SYNC

RE1-S110P

【生産完了】

TS入力IF
DVB-ASI x1
DVB-ASI x1
--
DVB-SPI x1
TS出力IF
DVB-ASI x2
DVB-ASI x1
DVB-ASI x2
DVB-SPI x1
同期入力
入力TSより
バイトクロック
抽出
バイトクロック入力
(BNC、TTLレベル)
入力TSより
バイトクロック
抽出
接点出力
--
--
--
--
TS入力ビットレート
最大 150Mbps
最大 150Mbps
--
最大 150Mbps
TS出力ビットレート
同期入力時:最大 150Mbps
PC接続
USB 2.0 (Windows XP / Linux)
電源
USB バスパワー
形状
WxHxD[mm]
146x27x95
146x27x95
146x27x95
146x27x95
重量
330g
330g
330g
330g
オプション
 

■製品仕様 ラックマウントタイプ

製品種別
USB 接続型 MPEG-2-TS 記録・再生アダプタ
製品名
TS CaPID RE-1P
製品型番
RE1-A110HRv3
RE1-A010HRv3-SYNC
TS入力IF
DVB-ASI x1
--
TS出力IF
DVB-ASI x1
DVB-ASI x1
同期入力
入力TSよりバイトクロック抽出
バイトクロック入力 (BNC、TTLレベル)
接点出力
フォトモスリレー Dsub 9pin メス
TS入力ビットレート
最大 150Mbps
--
TS出力ビットレート
最大 150Mbps
PC接続
USB 2.0 (Windows XP / Linux)
電源
AC100V 10W
形状
WxHxD[mm]
210x44x250
専用ラックマウントテーブルにより EIA 1Uに2台搭載可能
重量
1.7kg
オプション
EIA 1Uラックマウントテーブル

copyright(c)2007 brains-system All Right Reserved