HOME  > 製品情報 >  放送監視システム > 地デジ93日間 法定同録システム 

製品情報

放送監視システム

 

地デジ93日間 法定同録システム

正常なTS(※1)が入力された場合は、TS内のTOTに同期した1秒単位のTSデータに分割し圧縮保存し、TOTが判別不可能な異常TSが入力された際には、同録システム内で自動的に分割単位を決定し、圧縮保存します。
記録時の圧縮のアルゴリズムにはUNIX系OSで一般的なgzip圧縮を用い、NULLパケットを含めた全ての取得TSデータを保存します。
これにより、ノイズが混入しパケットの分離が困難となったTSやNULLパケット中に 誤って混入されたゴミデータなどの事後解析も可能です。

※1:様々な同録対象が選択可能です(マスタアウト 放送TS / マスタアウト デスクランブルTS /
RF受信TS / RF受信 デスクランブルTS、他にも選択可能です。

記録期間(例:93日間同録)とデータの取り出し

LAN経由で接続された同録クライアントPCからファイルとして取り出し可能です。 ファイルとして取り出す際には、1秒ごとに分割圧縮された同録データを自動的に展開・結合しますので、秒単位の任意の期間の結合データとして取り出し可能です。
複数のストレージにまたがったデータも、 意識することなく結合して取り出せます。
同録クライアントPCには、一般的なWindows XPが動作するパソコンが利用可能ですので、ファイルとして取り出したデータをDVD±Rやブルーレイディスクなどに記録可能です。

また、取り出したデータは、付属のTSマルチプレーヤ"John"によるソフトウェア再生と、USB接続型TS再生アダプタ【RE-1P】を用いてDVB-ASIまたはDVB-SPIによるTS出力が可能です。


copyright(c)2007 brains-system All Right Reserved