HOME > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革




昭和58年5月
横浜市中区不老町に設立
昭和59年2月
松竹第一興行株式会社よりビデオサービス室新設にあたり、大規模ビデオコピーシステムを受注。併せてコピー業務の業務委託契約を締結。
昭和59年5月
株式会社東京放送に口座開設。映像音声切換器、分配器他、納入開始。 LCV株式会社へ、中継用映像機器、スタジオ編集機器を納入。
昭和59年12月
業務拡張のため、大和市桜森に事務所移転。
平成元年12月
横浜市旭区に本社社屋が完成。
平成2年
システム技術課設立と共に、システム設計、施工物件の受注開始。
平成5年
システム技術課にCADシステム導入。
平成6年
大手メーカーより、地上波局、ポストプロダクションのシステム設計業務受諾開始。
平成7年
地上波局、ポストプロダクション、CS局よりシステム物件の受注開始。
平成13年
電気通信工事業取得
HD編集、送出システムのシステム設計、販売、施工開始。
平成14年
会社創立20周年
オリジナル放送監視装置(映像・音声エラー検出、画面分割装置、TS監視装置)の販売開始。
平成17年
ISO9001 認証取得。
平成20年
4月1日より、松川良允会長(前社長)、松川頼久社長(前常務)に就任。
平成22年
12月24日、「海老名市企業立地促進事業」認定を受け本社を海老名市へ移転。

copyright(c)2007 brains-system All Right Reserved